2.小さな違い、一気に比較!オンライン見積もりはペット保険でも!

補償金額の比較は何度も確認しましょう

ペット保険を販売している会社が増えているので、従来のペット保険よりも補償内容が充実したタイプが増えています。従来は補償金額割合が50%と70%タイプが一般的でしたが、90%と100%タイプが条件付きですが登場しています。
動物病院へ連れて行く際には、実際にかかる費用が高額となることも珍しくありません。だからこそペット保険の補償金額が50%であっても急にペットが病気に掛かった時には助かったと実感出来ます。手術を行った際の一時金についても急な出費に対して補償される点は、ペット保険に入っていて良かったと感じられるでしょう。70%補償のペット保険との保険料には差額があるので、ペットの状況に合わせてじっくり検討する必要があります。

利便性と価格のバランスが難しい

ペット保険には、補償金額割合が50%か70%なのかといった違い以外にも、利便性の良し悪しが関係してきます。人の健康保険とは異なり、年間に使用出来る回数に20回など制限がかかっているので、あまりにも頻繁に動物病院へ通う場合にはペット保険を使うかどうか選択する必要があるでしょう。
動物病院側で対応していれば、ペット保険証を提示すると保険金請求を動物病院側で直接請求してもらえます。窓口では自己負担分のみ精算すれば良いので、手持ちが少ない時でも安心です。一旦窓口で全額支払えば、後から保険会社へ補償金額を請求出来ますが手間がかかります。利便性を考えると、ペット保険証提示だけで保険金請求が自動で行われる仕組みを利用出来ると便利です。